空手は沖縄が発祥地であり、大きく分けて那覇手と首里手と泊手の3つの大きな流れがあります
東恩流空手道(カラテ) 東恩流空手道とは お問合せ 東恩流カラテトップ
東恩流空手道とは?
空手は沖縄が発祥地であり、大きく分けて那覇手と首里手と泊手の3つの大きな流れがあります。那覇手中興の祖は「東恩納寛量」であるといわれ、その高弟である「許田重発」が戦後別府市に移住してから東恩流の始まりです。「許田重発」から東恩流の真髄を継承した「神崎重和」とその高弟「池田重秀」が、この別府で指導しています。
東恩流の基本は三戦(サンチン)の型です。空手の真髄がこの三戦に集約されていると言っても過言ではありません。呼吸による体全体の締める力をコントロールすることができ、受け掛け突きの3つの技がバランス良く、調和されています。東恩流の主な型として「サンチン」、「四方受け」、「東恩納寛裕のセイサン」、「サンセールー」、「屋部のジオン」、「ベッチュリン」、「ネーパイ」、「棒術」、「サイ術」があります。
各型の特徴を挙げると以下の通りです。
各型名 特徴
サンチン 呼吸によって体全体の締める力をコントロールすることができる。
転位八方 これは相手の動きに対して、素早く位置を転じ捌くと同時に己が優位な位置に転ずる動きである。
これがまた、攻撃そのもになることも多々ある。
四方受け 空手の基本(立ち方・受け・掛け・突き・蹴り)の技が、この型にすべて集約されている。
東恩納寛裕のセイサン 掛け手からの投げ技を中心とした型である。
サンセールー 大技の連続で間合いの離れた相手を倒すというのがこの型の特徴である。
屋部のジオン 受け・突き・蹴り・投げのバランスを考えた型である。
ベッチュリン 接近して相手を倒すというのがこの型の特徴である。
ネーパイ 人間のあらゆる急所を攻撃して相手を倒すというのがこの型の特徴である。
棒術 全身の力を棒に伝えて相手を崩しながら攻撃するというのがこの型の特徴である。
サイ術 手首と指の力を利用してサイを手の一部と考えて攻防を繰り返すのがこの型の特徴である。
 

Copyright © 2007-2010 東恩流空手道 All Rights Reserved.